高松市で感じたこと

転勤で10年近く、香川県に住んでいました。香川県の県庁所在地です。岡山からマリンライナーで50分ほど、四国の玄関口ともいえるでしょう。
四国というと、まず「うどん」「お遍路さん」をイメージする方も多いかと思います。
おっとりとした田舎町を想像される方も多いかと思いますが、高松駅周辺は、わりと栄えています。高松駅にあるサンポート高松では、アーティストのライヴがあったり、有名人の講演があります。
全日空ホテルもありますし、周辺には、ビジネスホテルもたくさんあります。
高松駅から歩いて7分くらいのところに、「琴平電鉄 高松築港駅」があり、この電車に乗ると、高松市の繁華街や住宅街に行くことが出来ます。
(繁華街は歩ける距離ですが)築港駅から琴平方面に一駅の片原町に出ると、片原町商店街、瓦町商店街と商店街が続きます。三越もあります。商店街の中にも、もちろん、うどん屋さんはたくさんあります。

片原町、瓦町の次が栗林公園駅ですが、有名な栗林公園があります。年中、観光客で賑わいますが、桜の季節は地元の人も、栗林公園でお花見をする人が多いので、いつもに増して賑わいます。
緑が多く、鯉がたくさん泳いでいて、癒される公園です。高松の一番のお勧めスポットです。
栗林公園駅の次は三条駅、次は太田駅になります。
ここまで来ると、繁華街ではなく、住宅街になります。太田の地名のごとく30年ほど前は田んぼの多い田舎でしたが、マンション開発が進み、高松では
人気学区になりました。新しい街なので、お洒落なカフェ、セレクトショップ、レストランがたくさんあり、なかなか住みやすい街です。スーパーも「ゆめタウン高松」があり、とても便利ですし、普通のスーパーも次々に出来て、大変便利です。
四国は、野菜も魚も地元でとれますので、食品の物価は安くて主婦には有り難いです。

また、香川県は昔から教育熱心な県として知られており、多くの子どもが県外の大学に進学するため、学校教育は充実しており、塾もたくさんあります。

香川県に転勤になったことを妻に告げた時、妻はとても落ち込んでいました。
なんせ私の妻は典型的な”都会の女”でブランド物好き、ショッピング好き、エステやネイル好きの女でしたから。
しかし、高松に来てみると思ったより都会だったみたいです。何より住みやすいですし、妻の好きなエステやネイルも満足に出来ていましたから♪
※妻の通っていたエステの情報⇒エステ高松

県民性は、島国ということ、うどんのセルフ文化、水不足からでしょうか。サービス精神のなさ、自分を大切にする習慣から、自己中心的なところがあります。
また、堅実で貯金好きです。共働き率が多いので、専業主婦の方は少し肩身が狭い思いをすることが多いようです。
よそ者には、警戒心が強いところもあり、転勤者は住みにくいと感じることも多いのですが、いったん心の結びつきが出来た人には、とても情が暑く親切な方が
多いように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>