片づけられない夫がとても嫌です

夫への不満は残念ながら限りなく在るのですが、その中でも最も耐え難いことを一つ挙げたいと思います。それは、掃除ができないことです。

ウチは結婚してから20年経ちますが、その間に引っ越しを4回しています。その時に荷物を段ボール箱へ詰めるわけですが、最初の引っ越しで独身時代に趣味で集めたTAMIYAのプラモデルを詰めた段ボール箱が未だにそのままあるんです。

※ちなみに、引越しの時に面倒くさいインターネットの申込みは、引越し前にネット上で申し込んでおけば便利ですよ。キャンペーンなどで、お得なサービスもありますし(^^)/

参照…引越し先ですぐにインターネット・電話を利用する方法

引っ越しの度にオークションで売ってしまえば?と私が言うと、分かったと答えるのですがそのまま。今もそのままです。寝室に常に引っ越しのダンボールがあるのに絶えられず、私は自分の部屋を作ってもらいました。

なぜ物置に入れずに寝室へ置いておくかというと、物置に入れたらそれこそ彼が死ぬまでそのままだからです。寝室においておけばいつかは片付けるだろうと期待していたら20年経ってしまいました。

もう今は見て見ぬふり、ストレスになるのでなるべく夫の部屋は覗かないようにしています。思えば独身時代から部屋は酷いことになっていたんですよね。でもそんなことは私が掃除すれば大した問題ではないと思って結婚しました。

でも私にとってはゴミでも彼にとっては捨てられないものらしく、そんなものが山ほどあり、私が捨てるのは許さないので、ゴミに家賃払ってるんじゃないんだからね!と怒るんですが、それにももう疲れました。

そんな彼ですが、たまには掃除をしようと思うみたいです。まあ、大概私がキツく言った後なんですが、掃除を始めます。終わりません。掃除をしているようなのですが、覗いてみると何も変わっていません。

紙の書類の仕分けや新聞をくくるのに時間がかかっているらしく、見た目には何も変わらないんです。それが終わっても、細部の埃などにこだわりすぎて結局TAMIYAはそのまま。ほとほと嫌になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>